このチュートリアルは 4 つのシェイプツール (矩形、円/弧、星形、らせん) について説明しています。Inkscape のシェイプで何ができるか、そしてどのような場合にどのように使用するかを示します。

Ctrl+矢印マウスホイール、もしくは 中央ボタンを押しながらドラッグを使いページを下にスクロールしてください。オブジェクトの作成、選択、変形の基本については、Help > ヘルプ > チュートリアル から基本チュートリアルをご覧ください。

Inkscape には多用途の 4 つのシェイプツールがあり、どのツールでもシェイプの作成と編集が行えます。シェイプは、ドラッグ可能なハンドルと、数値パラメーターによって形状が決定され、各シェイプに固有の方法で変更を加えることが可能なオブジェクトです。

例えば、星形では頂点の数、長さ、角度、丸めその他を変更することができますが、星形は星形のままです。シェイプは、単純なパスより“自由度が少ない”のですが、ときにそれはより興味深くそして便利です。シェイプはいつでもパスに変換することができます (Ctrl+Shift+C) が、その逆はできません。

シェイプツールには、矩形円/弧星形、およびらせんがあります。まずはじめに、一般的にどう動作するか見てみましょう。それから各シェイプについて見ていきます。

一般的な用法

新しいシェイプは、対応するツールでキャンバス上を ドラッグ して作成します。一度作成されると (そして選択されている限り)、形状の編集が可能なひし形のハンドルが表示され、それをドラッグすることで直ちに編集できます。

4 種のシェイプはすべて、ノードツールと同じくシェイプツールでハンドルを表示します (F2)。カーソルをハンドルの上に置くと、さまざまな修飾キーを押した場合にハンドルがドラッグやクリックでどう変化するかがステータスバーに表示されます。

また、各シェイプツールはツールコントロールバー (キャンバスの上) に、パラメーターを表示します。通常そこにはいくつかの数値入力域とデフォルト値に戻す一つのボタンがあります。現在のツールタイプのオブジェクトを選択すると、コントロールバーの値を変更することで選択したオブジェクトが変形します。

ツールコントロールに加えられた変更は記憶され、そのツールを使って次のオブジェクトを描くときに使用されます。例えば、星形の頂点の数を変更したあと新規に作成した星形の頂点数は前に描いた星の頂点数になります。さらに、オブジェクトを選択してツールコントロールバーに値を反映しただけでも、新しい星形にはその値が適用されます。

シェイプツールを使用しているときオブジェクトの上でクリックすると選択できます。Ctrl+クリック (グループから選択) と、Alt+クリック (隠れているオブジェクトの選択) も選択ツールと同様に動作します。Esc で選択は解除されます。

矩形

矩形は簡単ですがおそらくデザインやイラスト制作で最も一般的なシェイプでしょう。Inkscape は矩形の作成と編集をできる限り簡単かつ便利に行えるように設計されています。

F4 を押すかツールバーのボタンを押して矩形ツールに切り替えます。新しく矩形をこの青い矩形の横に描いてみましょう:

An example image

そして、矩形ツールを抜けることなく、クリックして他の矩形に選択を切り替えてください。

矩形描画のショートカットには以下のものがあります:

見てのとおり選択された矩形 (できたての矩形は常に選択状態にあります) には 3 つのハンドルが角にあります。実際には 4 つのハンドルがあるのですが、そのうちの 2 つ (右上) は矩形の角が丸まっていないときには重なっています。この 2 つは丸めハンドル、他の 2 つはリサイズハンドルです。

はじめに丸めハンドルを見てみましょう。そのうちの一つをつかんで引き下げてみてください。矩形の 4 つの角が丸くなり、角の元の場所に 2 つ目の丸めハンドルが見えたはずです。円状に丸めたいのであればこれだけで事足ります。もし角の一方の辺側をもう一方より丸めたいのであればもう一方のハンドルを左に動かすことで行えます。

最初の 2 つは角を円状に丸めた矩形、他の 2 つは角を楕円状に丸めた矩形です:

An example image

矩形を選択して、矩形ツールの丸めハンドルについてもう少しみてみましょう。

しばしば、角を持つシェイプの丸め半径と形状は作品全体にわたり一定であることが必要とされます。矩形の大きさが異なっていても (色々な大きさの角を丸めた箱で描かれた図を考えてみてください) これは必要なことです。Inkscape でこれを実現するのは簡単です。選択ツールに切り替えてください。ツールコントロールバーの右側に 4 つのトグルボタンがあり、その左から 2 番目に同心の丸めた角が表示されています。このボタンで、丸めた角を矩形が拡大縮小されたときに丸めも拡大縮小するかを制御します。

例えば、ここにオリジナルの赤い矩形と、“矩形の丸められた角を拡大縮小”ボタンをオフにして複製され、拡大縮小を掛けたいくつかの矩形があります:

An example image

右上ですべての丸めた角が正確に一致していて、矩形の角の形が等しいのを確認してください。すべての破線で描かれた矩形は元の赤い矩形から派生したもので、選択ツールで拡大縮小だけを掛けてあり、丸めハンドルでの調整は行っていません。

比較のために、同じ画像を“矩形の丸められた角を拡大縮小”ボタンをオンにして作成したのが下の例です:

An example image

丸めた角はその矩形と同じぐらいオリジナルから変わっており、右上の角でもわずかな一致も見られません (ズームインして確認してください)。これは、元の矩形をパスに変換 (Ctrl+Shift+C) して、それをパスとして拡大縮小した場合と同じ (視覚的) 結果になっています。

矩形の丸めハンドルのショートカットには以下のものがあります:

矩形ツールのコントロールバーには水平 (Rx) と垂直 (Ry) の丸め半径が表示されており、どの単位を使っても正確に半径を設定することができることに注意してください。角をシャープに ボタンは選択した矩形から丸めを取り除きます。

コントロールを使うことの重要な点は、たくさんの矩形に対して一度に効力を及ぼすことができることです。例えば、もしレイヤー内のすべての矩形を変更したいなら、Ctrl+A (すべてを選択) とコントロールバーのパラメーターを必要な値に設定するだけでできます。もし、矩形でないオブジェクトが選択されていたとしてもそれらは無視され矩形のみが変更されます。

今度は、矩形のリサイズハンドルを見てみましょう。なぜこれが必要なのか不思議に思うかもしれません、選択ツールで矩形のサイズを変更すればいいのではないか?

選択ツールの問題点は、水平および垂直の概念が常にドキュメントページの水平および垂直方向であることです。決まりとして、矩形のリサイズハンドルは、矩形が回転しても歪んでいても 矩形の辺に沿って拡大縮小を行います。例えば、最初に選択ツールでサイズ変更した矩形を次に矩形ツールのリサイズハンドルでサイズ変更してみてください:

An example image

リサイズハンドルは 2 つあるので、どの方向へもサイズ変更することができますし、辺に沿って移動することも可能です。リサイズハンドルは常に丸め半径を維持します。

リサイズハンドルのショートカットは以下のとおりです:

ここに上図と同じ矩形があります。灰色の破線はリサイズハンドルが Ctrl を押しながらドラッグしたときに張り付く方向を示しています (試してみてください):

An example image

傾けたり回転した矩形を複製しリサイズハンドルでサイズを変更し、3D の構図を簡単に作ることができます:

An example image

さらに丸めやグラデーションのフィルを使った矩形の構図の例を挙げます:

An example image

円/弧

円/弧ツール (F5) は楕円や円を作成することができます。楕円や円は弧や扇形にも変換できます。描画のショートカットは矩形ツールと同じです:

楕円のハンドルをいじってみましょう。この楕円を選択してください:

An example image

ここでも 3 つのハンドルがあることに気が付いたと思いますが、実は 4 つあります。右のハンドルは楕円を“開く”ことのできる 2 つのハンドルが重なっています。右にあるハンドルをドラッグするともう一つのハンドルが下から見えます。これで弧や扇形を作ることができます:

An example image

扇形 (弧と 2 つの半径からなる) を作るには楕円の外側をドラッグし、弧を作るには内側をドラッグします。上図の左側には 4 つの扇形、右側には3つの弧があります。弧は閉じていないシェイプであることに注意してください。つまりストロークは楕円にそっていますが端点はつながっていません。フィルを削除してストロークだけにすると明らかになります:

An example image

左図にあるせまい扇形は、Ctrl を押して角度をスナップすることで簡単に作ることができます。弧/扇形のショートカットは以下のとおりです:

スナップ角度は Inkscape 設定 (変化量タブ) で変更できます。

楕円のその他の 2 つハンドルは中心を基準としたサイズ変更に使用します。ショートカットは矩形の丸めハンドルに似ています:

そして、矩形のリサイズハンドルの様に、楕円のリサイズハンドルも楕円の高さと幅を楕円の座標系で変更します。これは回転したり歪んだりしている楕円でも、回転や歪みはそのままで元の座標系に沿って伸張したり圧縮したりできることを意味します。これらの楕円のリサイズハンドルでサイズ変更を試してみましょう:

An example image

星形

星形はもっとも複雑で刺激的な Inkscape のシェイプです。もし友人を Inkscape で驚かせるなら、星形ツールを使わせてみてください。これはもう飽きの来ない面白さ、まさに中毒的!

星形ツールは 2 つの良く似た、しかし異なる種類のオブジェクト、星形と多角形を作成します。星形は頂点の長さと形を決める 2 つのハンドルを持ち、多角形はドラッグして回転とサイズ変更を行う 1 つのハンドルを持ちます:

An example image

星形ツールのコントロールバーには先頭にチェックボックスがあり、これは星形を多角形に、またその逆に変換します。次に、星形と多角形の頂点数を設定する入力フィールドがあり、このパラメーターはコントロールバーでしか編集できません。許容される数値は 3 (あたりまえですが) から 1024 までです。しかし低速なコンピューターの場合には、大きな値 (200 以上) は入れるべきではありません。

新規に星形や多角形を作るときは、

生来、星形は断然面白いシェイプです (しばしば多角形の方がより有用ですが)。星形の二つのハンドルはわずかに異なる機能を持っています。はじめのハンドル (初期状態で頂点にあるハンドル、つまり星形の な角にある方) は星の光芒の長さを調整します。しかし、ハンドルを回すと (シェイプの中心で相対的に)、もう一方のハンドルもそれに応じて回転します。このことは星形の光芒はこのハンドルでは歪められないことを意味します。

もう一方のハンドル (初期状態で頂点の間の な角にある) は、逆に、半径方向にも接線方向にも頂点ハンドルに影響をあたえずに自由に動きます (実際、このハンドルはもう一方のハンドルより遠くに動いて頂点になることもできます)。このハンドルは星形の頂点を歪ませ、光芒をあらゆる種類の結晶型、曼荼羅模様、雪片形、ヤマアラシ形にします:

An example image

もし、飾りのない普通の星形を作りたいなら、ハンドルの歪みの動きを規制することができます:

キャンバス上でのハンドルのドラッグの有用な補足として、2 つのハンドルの中心からの距離の比、スポーク比 がコントロールバーにあります。

Inkscape の星形は他にも 2 つの仕掛けがあります。幾何学の世界では多角形は鋭角から直線の辺を持ちますが、現実世界では様々な度数の曲がりや丸さが存在します。そして Inkscape もそれを実現可能としています。ただし、多角形の丸めは矩形の丸めとは少し異なる作用をします。丸めるにはハンドルを使う必要がありません。以下のようにします:

“接線方向”とは中心に対して直角方向と言う意味です。Shift を押しながらハンドルを反時計方向に“回転”すると、丸めの値は正になり、時計方向に回すと負の丸めになります (下の負の丸めの例を見てください)。

ここで、丸めた正方形 (矩形ツール) と丸めた正 4 角形 (星形ツール) を比較してみましょう:

An example image

見て分かるように、丸めた矩形は辺に直線区間と円弧状 (一般的には楕円弧) の区間があり、丸めた多角形と星形には直線区間が全くありません。曲率は最大 (角の部分) から最小 (角と角の中間) へと滑らかに変化します。Inkscape はただ連続なベジエのハンドルをシェイプの頂点に追加しているだけです (シェイプをパスに変換すればベジェハンドルを見ること、調べることができます)。

コントロールバーの 丸め パラメーターは接線と近接する多角形/星形の辺の長さの比です。このパラメーターは負の値を取ることもでき、その場合は接線の向きを反転します。0.2 から 0.4 の値では "普通の" 丸めになります。他の値にすると美しい、入り組んだ、あるいは予測不可能な形になる傾向があります。大きな丸め値の星形はハンドルの位置を大きく上回る形状になります。いくつかの例を示します。数値は丸め値を表します:

An example image

頂点を鋭く、凹な辺を滑らかにしたい場合、もしくはその逆の形状がほしい場合は、星形からオフセット (Ctrl+J) を作ることで簡単に実現できます:

An example image

Inkscape の星形のハンドルをShift+ドラッグすることは、最もすばらしい楽しみの一つです。しかしもっと楽しむことができます。

現実世界の形状により似せるために、Inkscape は星形と多角形のランダム化 (乱雑なひずみ) を備えています。わずかなランダム化は、星形を少し乱します、より人間らしく、より可笑しく。強いランダム化は様々な熱狂的で予測不可能な形状を作り出す刺激的な方法です。丸めを施した星形は乱雑さを加えても丸まったままです。ショートカットは以下のとおりです:

ランダムな星形を描いたり、ハンドルをドラッグして編集したりすると、星形は "振動" します。なぜならハンドルの固有の位置はその固有のランダム化に対応しているからです。ですから、Alt を押さずにドラッグすると同じランダム化のレベルでハンドルは動き、一方 Alt を押しながらドラッグするとランダム化しますがそのレベルは調整されます。ここに少しだけハンドルを動かしてランダムにした (ランダム化は 0.1 まで) 以外は同じパラメーターをもつ星形があります:

An example image

そして、ここに上の真中の星形の乱雑さを -0.2 から 0.2 まで変化させたものがあります:

An example image

真ん中の星形のハンドルを Alt+ドラッグ して、左右の、そしてさらにその隣の星形に変形していくところを観察してください。

そのうち、自分なりのランダムな星形の使い道が見つかるでしょう。しかし私は特に丸めたアメーバ状のしみと大きく荒れた幻想的な稜線をもつ惑星の形が気に入っています:

An example image

らせん

Inkscape のらせんは多機能なシェイプです。そして星形ほど夢中になれませんが、ときにとても有用です。らせんは星形のように中心から描画されます。これは描画中も編集中と同様です。

描画されると、らせんは内側と外側の端点に 2 つのハンドルをもちます。どちらのハンドルもらせんを巻いたり、解いたりします (つまり、"続けて" 巻き数を変えます)。その他のショートカットは以下のとおりです:

外側のハンドル:

内側のハンドル:

らせんの 発散度 は巻きの非線形度の尺度です。発散度が 1 なら、らせんは均一になります。これが 1 より小さければ (Alt+上へドラッグ)、外周で密度が高くなり、 1 より大きければ (Alt+下へドラッグ)、中心に向かって密度が高くなります:

An example image

巻き数の最大値は 1024 です。

円/弧ツールが楕円だけでなく弧 (曲率が一定の線) も作成できるように、らせんツールは滑らかに変化する曲線を作ることもできます。通常のベジエ曲線に比べ、弧やらせんはより利便性が高いでしょう。なぜなら形状に変更を加えずに曲線に沿ってハンドルを動かすことで長くしたり短くしたりできるからです。また通常、らせんはフィルなしで描かれますが、フィルの追加やストロークの削除で面白い効果が出せます。

An example image

特に面白いのはらせんに破線のストロークを与えることです。滑らかな収れんと等間隔の印 (点や短い線) は相まって美しいモアレ効果となります:

An example image

最後に

Inkscape のシェイプツールはとても強力です。技術を学び、暇なときに遊んでみることでデザインする際の力になるでしょう。なぜなら簡単なパスの代わりにシェイプを使うことでベクターアートを速く作り、簡単に変更することができるからです。もし、さらなるシェイプの改善の提案があれば、開発者まで連絡してください。